キズのある中古車

車に乗っているとどうしてもついてしまうのがキズです。 キズの多くは車庫入れなどのようにバックをしているときに周囲にあてやすく当てるとどのような場合にもキズはついてしまいます。 人によっては少しのキズでも神経質になるものですが、キズは必ずつくものと思っておおらかに接するほうがいい場合がよくあります。 少しのキズでも完璧に直そうと思うのであればその面一体を全て塗装しなくてはいけません。 そうなるとちょっとのキズを直すのに10万円近くもかかってしまうのです。 人によってはキズが少しついたくらいで中古車の買取価格が下がってしまうと思う人も多くいます。 しかしこれは正解であると同時に間違いでもあるのです。 確かに新車で乗り始めてすぐのキズであれば落ち込み具合もかなりのものだと思います。 しかし車は普通に走っていても小石が飛んできて車に当たるということはよくあります。 ですからキズは必ずつくものと考えてそれをすぐに直すというようなことは考えないほうがいいでしょう。 せいぜいすることがあるとすれば錆には気をつけたほうがいいです。 その場合は塗るタイプの錆止めを塗っておきましょう。 それだけでもかなり違うといえるのです。 そしてキズはむやみに自分で直すものではありません。 そのあたりは買い取ってくれるディーラーに任せたほうがいいのです。 ほとんどのディーラーは自前で修理工場を持っていますから自分の家で格安に直すことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ