コンパクトカー

本来日本の狭い道路にぴったりとくる車はコンパクトカーなのです。 ひと昔前、バブル経済以前くらいになりますがアメリカとの自動車摩擦というものがありました。 日本車がアメリカで売れに売れていた時代で、逆にアメリカからもアメリカの車を買ってくれと言ってきたのです。 しかしアメリカの車は大きいので満足に日本の道路で走らせることはできません。 そのような経緯もあって日本では大きな車はなかなか売れないということがもはや定説となっています。 日本のメーカーも外国で売るための外国使用の車を作るようになったのもこの頃といえるでしょう。 それでも大きな車ばかりのイメージのあるアメリカでもコンパクトカーが売れる時代になったのはまさに時代の流れといえるものかもしれません。 その発信基地は紛れもなく日本といってもいいでしょう。 長年コンパクトカーを作り続けてきた日本にとって車分野の中でもコンパクトカーがもっとも自信が持てるカテゴリーであるといえるのです。 現在、コンパクトカーはとてもよく売れています。 そのために中古車市場でも流通量が多く、また車両価格が元々高いというわけでもないですから中古車市場価格もこなれたイメージがあります。 そのため中古車買取価格もそれほど高いとはいえません。 それでも人気の車で中古車市場でも需要がありますから、思ったよりも高く売れたという意見もありますので、買いたたかれるという場面は少ないかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ