事故車の買取

車を買い換える際には中古車買取を少しでも高くしてもらいたいのは誰でも思うことです。 そのような中でその車で事故を起こしたことのある人も少なくないでしょう。 できることなら事故歴というものは隠してしまいたいものです。 そもそも修理をしたわけですからその後もなんの問題もなく車に乗れていたのなら事故の影響はまったくないと考えていいはずです。 そうなってくると事故歴を事前に言う必要もないということになります。 しかし、事故を起こして修理をしたのであればそれは必ず中古車買取の査定員にはわかってしまいます。 きれいに塗られた塗装などもわかってしまうくらいですから、修理をしたという事実は隠し通すことはできないのです。 また売る側としては事故を起こして修理した事実を言う必要はありません。 ただ、どうせ事故歴がわかるのであれば事前に事故を起こしたことを公表したほうが心証もよくなることもあるかもしれません。 ただし、そうだからといって買取査定額が上がるかどうかは別問題といえるでしょう。 事故歴をあまり気にしない査定というものは年式や走行距離で査定額がつかないものが多いともいえます。 いずれにしても事故歴というものはそれほど買取査定に響かないと思ってもいいでしょう。 そして、大きな事故をした場合は修理をするよりも買い換えるほうがいい場合もあります。 これは事故をした部位にもよるのですが、やはり事故はしないにかぎるということですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ