軽自動車

中古車買取で車のオーナーは少しでも高く買い取ってもらいたいと思っています。 一方で中古車市場では気に入った車を少しでも安く買いたいと思っていますから、考え方によってはとても矛盾しているといえると思います。 車の中でもっとも安く購入できる車は軽自動車であることは間違いありません。 車格や排気量を考えると当然であるといえるのですが、そのコンパクト性から買い物などの街乗りにはとても重宝する車でもあるのです。 日本独特の軽自動車は税金などの維持費の安さ、燃費が良いことなどから全ての車の中でも安定して売れている車種の一つとなっています。 それは、販売のメインを軽4にしている車メーカーの業績の良さからも現れていると思います。 そのような軽自動車ですが、中古車買取価格というものはどうなっているのでしょうか。 軽4は、そもそも車格の小ささと排気量の小ささ、そして車の剛性が普通車と比較しても弱い事から、耐久性の面で劣っていることは否めません。 ですから軽4の中古車の買取査定は普通車に比べても低くなっています。 年式では、8年以下ですでに車としての価値はゼロになりますし、年式も3年を境にがたっと買取価格が落ちていきます。 ですから、軽4を購入した場合は、乗りつぶす気持ちでいる人が多く、中古車市場でも高年式の軽4が出回ることは少ないといえますし、出回っていてもすぐに買い手がついてしまうことは間違いのないことでもあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ