車のグレード

車の価値は同じ車でも所有者によって変わってきます。 それは日頃の手入れであったり事故の修理状況であったり、所有者の持つクセにもよるのです。 そのあたりが中古車買取の査定額に大きく影響することはないのですが、それでも査定する人の心証はかなり違ってきます。 車の買取価格で一番重要なのは年式であるのは間違いないのですが、同じ車種でも数段階のグレードに分かれていることをご存知でしょうか。 概ねどのような車でも3段階から5段階のグレードに分かれています。 当然ハイグレードの車はその車種の中でも高性能で内装なども豪華となってきます。 そして真ん中のグレードは内容もよく性能もそこそこで過不足のない内容となっています。 そしてグレードの低い車は普及車という位置づけなのです。 このように同じ車種でもグレードによって細分化されています。 高いグレードと低いグレードの新車価格の差は100万円以上になることもあり、これでは車も別物と考えてもいいかもしれません。 何年か後の車の買い換えの際に中古車の買取価格を気にするのであれば、同じ車種でも少しでも高いグレードの車を買ったほうがそれだけ買取価格も高くなります。 これは中古車市場では同じ車種でもハイグレードの車のほうが人気があることからです。 一番低いグレードの車を購入するくらいでしたら、値段の下がる他の車の中のハイグレードの車を購入したほうが中古車の買取価格だけを見たらお得といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ