中古車の買取手続き

中古車の買取をしてもらう場合は所定の手続きが必要になります。 まずは確認事項として買取をしてもらう車に残債がないことを調べなくてはいけません。 それはローンの残りが無いかなどや、修理をした際の修理代金の未納がないことなどです。 それは本人が一番よく知っていることなのですが、もちろん口頭で言ってもなんの証拠にもなりません。 長いつきあいのディーラーであってもその裏できちんと調査をしているものです。 ですから、中古車の買取の場合は残債などお金の問題はきちんとクリアしておかなくてはいけないのです。 もちろん長年乗ってきた車ですからそのような問題はないとしても購入する側としてはきっちりと調べなくてはいけません。 この場合自動車税などの未納が合った場合も同様となります。 自動車税はそのときの所有者本人にかかるものですから問題とならない場合もあるのですが名義変更をする場合などでクリアしておかなくてはいけないこともあるのです。 他にも車庫証明の問題など一般の人には面倒だと思われることをディーラーはさすがに本職ですからきっちりと行ってくれます。 もちろんこのような手続きには所定の手数料がかかるのですが、その手数料は買取価格から差し引かれることは言うまでもありません。 いずれにしても人が動く以上そこには必ずお金がかかります。 買取をしてもらう私たちは少しでも高く買い取ってもらおうと思っていますので手続きなどもきっちりと行ってもらいたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ