エコカー

車には様々なカテゴリーがあるのは周知の通りです。 そして現在ではというよりも21世紀に入ってからはそのカテゴリーの中にエコカーが入ってきたのです。 エコカーの定義は一言でいうと環境対応車ということになります。 これではいかにも抽象的な表現なのですが簡単にいうと環境に優しく燃費のいい車ということになるでしょう。 都会では交通網が発達しているので車がなくても生活ができますが、地方では逆に車がないと生活ができません。 地方のローカル線になると1時間に1本しか電車が通らないというのはザラですし、バスに至っても電車と似たようなものだからです。 そのような地方では各世帯で車の2台持ちはもはや常識となりつつあります。 その2台の構成については1台目には家族で使用するメインとなる車、そして2台目には生活の足として利用する車というものです。 1台目は家族使用と世帯主の職場への出勤などにも使われることがあります。 2台目は生活の足なので維持費の安い軽自動車が一般的なのです。 そして現在では3台目を持つ家庭も少なくありませんし、その3台目の車、そして2台目の生活利用の車をエコカーにする家庭が増えているのです。 エコカーは現在ではとても人気があり、先々の中古車買取相場の価格も上々で資産価値がとても高いものです。 現在ではまだまだ割高感がありますが、買取価格が高止まりの状況では5年以内の車の買い換えにはとても効果を発揮するといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ