日頃の手入れが重要

車は耐久消費材です。 年数が減れば使っても使っていなくでも劣化していきます。 だからこそ中古車買取の相場では車の年式が非常に大事になってくるのです。 仮に車の程度が年式に関係なくとてもよいとしましょう。 それは年式の割には程度が良いという程度にしかみられません。 中古車買取金額は多少は高くなるかもしれませんが、数十万円も高くなることはないでしょう。 それはやはり車でもそれ以外のものでも償却期間や耐用年数というものが法律で決められています。 難しい話はここではしないのですが、耐用年数は概ねこのくらいの期間は使えるだろうという期間です。 車では6年が相場となっていますし、中古車で購入した場合は年式にかかわらず2年ということとされています。 このようなことから車の価値は年式で決まることは間違いありません。 その年式で買取金額の相場が決まってくるのですが、そこから実際の金額が増減する要素としては日頃の車の手入れによるところが大きいです。 中古車ではオーナーの車に対する思い入れは見る人が見れば外観だけですぐわかるといわれています。 そのようなことからも日頃の手入れはとても重要なのです。 それは洗車でもいいでしょう。 日頃できることといえば限られてくるのですが、洗車を自分ですることで外観や内装などの状態を把握することができますのでそのような情報は車を所有する上でもとても大事なことでそれが買取価格の上昇に繋がっていくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ