カーオークション

中古車ディーラーなどで車の買取をしてもらうのが一般的となっていますが、その買取には査定書というものがあります。 これはこの買取金額を証明してくれるものなのですが車の査定書には法的な根拠はなく、査定書が出されてもそれが確実にその車の価値を証明するものではないということです。 とはいっても、法的な価値がなくてもお金を出す側の中古車買取のディーラーが認めて発行した査定書はとても信憑性のあるものといってもいいでしょう。 試しに他のディーラーで中古車の買取を行ってもらってもほとんど変わらない金額の提示を受けるのはさすがだといえます。 それはもちろん基準となる買取査定表があるからなのですが。 その査定表は概ね金額が低い傾向にあります。 もちろん基準となる金額ですから程度によってはその基準額よりも高くなることもありますし逆に安くなることもあるかもしれません。 このように中古車買取額の相場を決めるこの査定表はどこからくるものなのでしょうか。 一般的に言われていることは中古車買取額の一般的な基準としてはネットのカーオークションからくるといわれています。 これは一般の人が参加できるオークションではなくディーラーやその他認められた業者しか出入りできないものなのです。 そこで値がつけられた車が年式や走行距離からの一般的な基準金額として決定づけられるのです。 これはたくさんのプロの目で見られて決まるものなので一番権威のあるものとなるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ