電気自動車

ハイブリッドカーと並び称されている車は電気自動車です。 ハイブリッドカーは従来のガソリンエンジンと電気の力を組み合わせたものでハイブリッドの語源もそこから来ているのですが,大して電気自動車は動力を100%電気から発生させます。 このようにしてみてみると電気自動車はハイブリッドカーの発展した姿といえるように思われがちです。 しかし、それは間違いで方向性が全く違うのです。 ハイブリッドカーはハイブリッドのままでの進化を目指しています。 これは従来の自動車メーカーでは当然のことなのです。 そして自動車メーカーから電気自動車が出ていますがこれも数ある車種の中の1車種ということです。 ですから自動車メーカーでは従来からのガソリンエンジンを手放す気がないということが本音といえます。 対して他のメーカー、たとえば家電メーカーが電気自動車を作るというのはある意味専門的な分野で可能ともいえます。 これからは電気自動車はその名の通り家電メーカーから発売されることもあるかもしれません。 電気自動車はまだまだ高く、電気の供給などのインフラも整ってなくこれからの普及は新車価格がどこまで下がるのかと電気の供給環境によるところが多いです。 中古車買取価格も高値となっていますが供給量が少ないですから中古車市場に出回るのはこれからというところでしょう。 しかし出回ってもすぐに売れてしまうのは間違いないでしょうし、価格もかなり高いことが予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ