保険と買取

車を所有している人が必ず入る保険として自賠責保険というものがあります。 これは事故をして相手に怪我をさせてしまった場合、あるいは死亡させてしまった場合に相手に対して支払われるお金を補償するものなのです。 この自賠責保険は車を持っている人は必ず入らなければいけない保険として、強制保険とも呼ばれているものです。 一方でこの自賠責保険は人に対してしか支払われない保険ですので、相手の車や自分の車に対して一切のお金が支払われません。 事故をした場合は自分や相手の車が無傷ということはありえませんので、双方の車に対してもその修理代としてお金が支払われるようにした仕組みが任意保険なのです。 この名前の通り加入は本人の自由意思ですからその名の通り任意保険と呼ばれているのです。 もっとも現在ではこの任意保険に加入していなければ相手に対して満足な補償ができません。 また相手の車は自分の車の修理代もバカにできない金額となることが多く、金銭的な面では任意保険に加入しておかなければ一般的な人にはとても払えるお金ではないということです。 中古車買取とは話が脱線しましたが、任意保険は車を乗っている人全員が加入すべき保険ともいえます。 任意保険と呼ばれていますが、加入率はとても高く推移しています。 しかし本来ならば100%でなければいけない任意保険の加入率が年々減少傾向にあることが懸念材料としてあげられています。 車に乗る際は保険についても真剣に考えてみたほうがいいといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ